家づくりのすすめ方

人生を楽しむ資金計画

撮影=目黒伸宣/別冊SUMAlnoSEKKEI「アトリエ建築家とつくるマイデザインハウス」掲載
多く方は、家族が増えると家を建てたいという夢を描きます。
最近の傾向としては、"親と一緒に住む"もしくは"親の近くで住む"という若いご家族も増えています。

旦那さまなら、一国一城の主(あるじ)として。奥さまは、子供ができると子供をノビノビと育てる家がほしい。最近では、年老いた親のことを考えて一緒に同居するために。
それぞれのご家族にとって、マイホームの夢は大きく膨らみます。

しかし、いざマイホームを建てようとしたとき、多くのご家族はマイホームという夢を持ちながらも多くの不安を抱えているのです。

それは、

  • 「家って、どこで建てるものなの?」
  • 「家を建てても、景気は悪いし、この将来(さき)の生活は大丈夫?」
  • 「貯金も少ないし、長期の住宅ローンを組んでも大丈夫かしら?」
  • 「そもそも、良い家ってどんな家なの?」

こんな悩みを持つのは、あなただけではありません。実際に家を建てようと思ったほとんどの家族が同じ悩みや不安を持つのです。でも、それはどうしてでしょうか?

それは、あなたと同じで、多くのご家族が、家を建てるのは、初めての経験だからです。

もし、あなたがマイホームを建てたいという夢を持ち、家づくりをしようと真剣に考えているのであれば、最初にするべきこと、

それは、家を建てる夢を描くことではなく、家に住んで、楽しい生活することを想像することです。

たとえば、

  • CASE1.子供が元気にのびのび育つ間取り
  • CASE2.毎日の家事がちょっとでも楽になる、使いやすい水回り
  • CASE3.奥様は、お友達を家に呼んで、お昼にちょっとしたパーティー
  • CASE4.仕事が好きな旦那さんは、自分だけの隠れ家の書斎
  • CASE5.あっ、家族みんなで旅行なんてイベントも大切♪
こんな風に、家を建てた後の生活を夢に描くと、ワクワクしませんか?そんなステキなあなたの夢を叶えたいと思いませんか?

家族が住まう大切な空間を創る場所夢は見るだけじゃなく、叶えるものだと思います。そして、あなたのお家を建てるという夢は、あなたが一歩を踏み出すだけで叶えることができます。

だけど、現実は厳しいこともあなたは知っていると思います。だから理想のマイホームでの生活を描いたら、その夢を本当にあなたが叶えることができるのか知るために、大切な資金計画をすることをオススメするのです。

なぜ、始めに資金計画をするの?と思いませんか?また、まだそこまで家を建てたいと思ってないので、私たちには資金計画はまだ早いと思うかもしれません。でも、マイホームの夢を叶えるためには、あなたの本当の予算を知らなければ、叶えることは決してできないのです。

そして、家づくりで失敗した多くのご家族は、資金計画についてきちんと勉強しなかったことを後悔されていることも事実なのです。

たとえば、

  1. Point1.金利や不動産価格の動向
  2. Point2.住宅税制などの市場環境
  3. Point3.自分の年齢や家族の状況
  4. Point4.将来の家計の見通しといったようなライフプラン

もしあなたが、こうした知識を十分に知らないまま、土地やお家を見学をして、「あっ、夢が叶いそうだから家づくりを進めてしまえ!」と勢いに乗ってしまうと、だいたい本来の予算以上の住宅を購入することになります。

特に不動産屋さんや大手の住宅会社は、皆さんの夢を膨らませるが得意だったりしますので、いつの間にか、夢が膨らみすぎて、自分の予算に合わない家を建ててしまうケースがあります。

それは「いいお家を建てたから、そのために頑張って働こう!」と思えるご家族は良いのですが、多くの場合、生活が苦しくなり、旅行も我慢、食事も我慢、ガマンガマンと心がギスギスして、家族と楽しく過ごすはずの夢のマイホームがいつの間にか、家族が誰も口を聞かない地獄のマイホームになったりします。

だから、私たちWITH DESIGNでは、あなたが"自分の生活にあった最適な家づくり"ができるように、様々なパターンを想定したシミュレーションを通じて、

「将来を考えた無理のない自分に合った予算はいくらなの?」
「どのタイミングが自分にとって一番いい家づくりなの?」

など、安心した生活を考えたマイホームの夢を叶えるお手伝いをしています。

勉強会や相談会

勉強会や相談会勉強会や相談会という言葉を聞くとと敬遠される方もいらっしゃいますが、家づくりは人生に一度あるかないかの大切なコトです。

家づくりが終わった後で、後悔しないためにも、きちんと学んでほしいと心から願います。

一つだけ私たちWITH DESIGNからお約束をさせて頂くのは、 この勉強会や相談会で、あなたの大切な資金計画をしたからといって、私たちWITH DESIGNで家を建てる必要はありませんし、私たちのことを信頼できると思って頂いたときに、一緒に家づくりをして頂ければと思いますので、気軽にご連絡ください。

いい家の選び方

長期優良住宅を選ぼう

長期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた9つの基準を満たした長持ちする家です。

長持ちする家ですから年をとったころに建て替え!なんてリスクも少なく、「耐震性」=家族の安全、「省エネルギー性」=冬暖かく夏は涼しいので住んでいて快適、その上さらに、税制優遇もあります。もちろんどんな家かにもよりますが、税制優遇で10年間で250万円以上の優遇措置が受けられます。

長期優良住宅であれば優良住宅支援制度(フラット35S)で住宅ローン金利0.3%の優遇を、通常10年間のところ20年に延長されます。

長く安全に快適に住める家、しかも税制・金利の優遇。長期優良住宅は選ぶための最低基準といってもいいですね!

価格の仕組みを知っておこう

注文住宅は構造上不可能でない限りは、皆さんのご希望通りに建てることが出来ます。天井の高さをセンチ単位で指定することも出来てしまいます。大事なのは、どんな希望をしたらどのように値段が変わるのか、その仕組みを知っておくことです。

住宅のコストは「原材料費」「手間賃」「経費」の3つで変わります。例えば標準の規格から柱の高さを10cmを変えると、原材料費はカットした部分のロスとその加工費用でかなり上がってしまいます。打ち合わせや建築途中での変更が増えると経費が増えます。

「原材料費」「手間賃」「経費」の仕組みを意識して、大事な建築資金は自分にとって大事なところからかけていきましょう!

安全性は大前提で選ぼう

家は、家族の安全と命を守る存在でなければいけません。

日本という風土の中で、家が果たす役割は、自然災害から家族を守ること。地震大国と呼ばれる我が国で、どのような技術であれば家族の安全が守られるのか?また、安全で頑丈な造りであれば、何を使用しても良いという訳にもいきません。家族の健康を支えながら、安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。

家を建てるとなると、やはり建物に興味が行ってしまいますが、建物の耐震性能だけでなく、建物を支える基礎と地盤にも注意しましょう。

家の価格は「燃費」も含めて考えよう

車を選ぶときって、1リットルで何キロ走るかは大事なポイント!ですよね? ハイブリッドカーはちょっと高いけど、5年くらいで考えるとガソリン代を考えるとそちらの方が実は安かったり。。。
家だって、暮らすためにかかる費用があります。車よりもずっと住みつづけるマイホームなのだから、家の燃費はとても大事なポイントです。
では、家の燃費ってなんでしょうか?家の選び方で大きく変わるのは光熱費。冷房暖房などのランニングコストが燃費にあたるのです。これから電気代があがっていくことが心配されてますが、一般の家でいまの電気代で30年間の光熱費を計算すると500万円以上かかっているのです。 「住宅の購入費用+燃費」で考えるのが大事ですね!

資料請求・お問い合わせ

家づくりの詳細や資料請求はこちら TEL:0968-66-3737 / FAX:0968-66-1960

Page Top